スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の靴下本

P1030049.jpg

買おうかどうしようかと考えたけど、値段も手頃で買っちゃった。
表紙のグリーンと青の配色はありですか?
ボーダーの靴下とか、かわいいものもあります。
スポンサーサイト

毛糸だま no.151

P1020745.jpg


去年の冬以来久々の、毛糸だま。

本屋さんで中身を見てからと思って、少し立ち読み。
編んでみたい物がちらほらあったので、買いました。
いつ編み上がるかは・・・・

「モン族の針仕事」
この中で見たことのあるクロスステッチ作品が掲載されていたが、探してみると、以前ラオスで買った
お財布と色違いだった。
伝統工芸品だったのね。

藤田智子さんのエッセイが今回も掲載されていたが、今回の作品もかわいい。
編み方が載ってないが、いつか本になるんだろうか?
色合わせも素敵。
これだけの毛糸を集めるのもたいへんそうだけど。

タティングシャトルと本

P1020379.jpg

久々に本を買いました。
評判のいい1冊。
変わったものが多く、いい本です。
この中で編んでみたいものもちらほら。
参考糸よりも少し太目の糸で編んでみようと思うが、そうなると繊細さがなくなって、クロッシェとは遠くなるかしら。

P1020376.jpg

後は、タティングシャトル。

本も図書館で借りてきたので、糸を通してみるが、シャトルを持つ右手がうまく固定できない。
裏編みと表編みの区別もつかない。
難しいな。

TV内・HDの録画番組を見ていたら、去年の冬の「すてきにハンドメイド。」はタティングレースだった。
これをみれば、少しはましかな?

敷居の高いレース編みでした。



洋書

P1010609.jpg

最近買った本たち。

Sock Innovation: Knitting Techniques & Patterns for One-Of-A-Kind Socks
Cookie A

Knit. Sock. Love.
Cookie A.

大好きな、Cookie A.さんの本。
複雑な編み込み模様が多いので楽しめます。
「Knit. Sock. Love.」は高いなあと思っていたが、届いた本は分厚かった。
1作品の編み方が何ページにも渡り、細かな内容です。

1000 Great Knitting Motifs
アマゾンの日本shopでずっと取り寄せしてた本。

アマゾンUSAの中古本で9.99ドルを発見!
早速、注文。
送料等で11ドルもかかりました。

安いと思ったら、裏表紙に「SHOP COPY」も書き込みが・・・

中身もリング本なので、すぐはずれてきます。
糸で取り付けし直した。

海外のshopではどこも在庫なしなのでおかしいと思っていたが、最近アマゾン日本も「出品者からお求めいただけます。」しか掲載されなくなってます。
お安く手に入り満足。

Folk Socks: The History & Techniques of Handknitted Footwear
Nancy Bush

Folk Knitting in Estonia

この2冊は、アマゾンマーケットプレイスでの購入で通常より安かったの押さえで買いました。
「Folk Knitting in Estonia」は手袋の編み方が多く、靴下の編み方の方が少なかった。
どちらも前半半分くらいは読み物でした。
それでも薄い本の割には作品数が、多いような気がします。


Around the World in Knitted Socks: 26 Inspired Designs
Stephanie Van Der Linden

表紙の靴下に惹かれて購入決定!その他も編んでみたい靴下がいっぱい。


今年の春夏・日本での出版物は、かぎ針編みがほとんどみたいだから、買うこともなさそうなので、洋書を買えて満足です。



テーマ : 編み物
ジャンル : 趣味・実用

鑑賞用の本2冊

P1010223.jpg

「裏も楽しい手編みのマフラー」と「風工房のフェアアイル」

裏も楽しい手編みのマフラーは、アラン模様なら編めそう。
マフラーは裏のでこぼこ柄が嫌で、2つ折りにして巻いてたので、分厚いのを巻いてました。
これなら、ゆったり巻けそう。

それ以外にも蝶々模様が浮き出る柄もかわいい。

フェアアイルはどうせ編まないからと、買わずにいた本。

見ているだけでも楽しそうなので買ってみた。

気が付いたことは、糸の替え方。
何種類もの色を使う時は、編地から何本のもの糸をぶらぶらさせながら、編むのだと思っていた。
が、よく見たら1段に2色した使われていない。
それにこの本には、編み終えた、繋ぐ前の編地が掲載されているが、端から何本もの糸を切った後が。
ということは、色を変えるごとに、切って、すべて糸始末をしなければならないってことなのかな?

すべての糸を始末していたら分厚い生地になりそう。
だから、細い糸で編むのか。
何より大嫌いな糸の始末が、恐ろしい。

まずは2色使いの小物からでもチャレンジしてみよう。


プロフィール

Author:にゃおえ
手作りが大好き! 気になったものは やってみる。 作ったものも覚書き日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。